姫路のリフォーム会社 モリシタ・アット・リフォーム トップ > 玄関リフォームについてのよくある質問

玄関リフォームについてのよくある質問

玄関リフォームについてのよくある質問についての良くある質問にお答えします。

玄関を明るくしたい

最近の玄関は防犯面からもガラスの面積が少なくなってきているので、
欄間をつけたり、入り口の横に縦長のガラスサッシを入れて採光してみてください。
吹き抜け防犯ガラスを忘れずに!
クロスを白くしても明るく感じます。

玄関用の網戸はありますか?

あります。簡単な目隠し効果もありますので、ご相談ください。

玄関が北東にあると家相上よくない?

北東方向は昔から鬼門と呼ばれ、水廻りや玄関はそちらの方向にない方がよいと言われています。
どうしても気になる方は位置を変えるか、玄関の向きを変えるといいと思います。
また、ヒイラギや南天を植えるのもよいとされています。

今は引き戸ですが、ドアにできるの?

はい、もちろんできます。
一般的には、引き戸よりドアの方が幅が狭くなるのですが、
その狭くなった分は、壁を作ることで解決できます。

玄関サッシの取替えを1日で施工することができますか?

施工方法にもよりますが、可能です。
※既設玄関サッシの確認が必要です。

扉だけ取替えできますか?

可能な場合もよくあります。
カバー工法という既設の枠に新しく枠と扉を付ける工法もあります。

玄関の防犯について教えてください

一般的にはツーロック式になっています。(カギが2ヶ所)
内部のカギはサムターンといって外部ドアをやぶって、内カギを開けようとしても開かない仕組みになっています。

介護保険などの対象になる高齢者リフォームというのは?

バリアフリー工事のなかで、最初に手をつけやすいのが玄関です。
昔から玄関の上り口に高い段差がある家が多かったので、
どうしてもここから解決しようとする人が多かったようです。
まず、登り降りが楽になる手すりをつける、足を極端に上げなくても登れるスロープをつくる、
腰をおろして靴をはく脱ぐスペースを作る、などがあります。
段差をなくする工事が基本だと思ってください。

玄関ドアは取り替えられますか?

玄関ドアをとり替える人は結構いらっしゃいます。やはり、玄関が家の顔と言ったイメージがある方が多いのかもしれません。
ものによっては、ドアのみを変えるだけでいいものもありますが、その多くはドアと枠ごと替えることの方が多いのです。玄関ドアは見た目をよくしたいと言うこととあわせて、家の荷物を出し入れするメインの入口なので、開口部が高くなったり幅を広くしたりと、いろいろ変更したいと言う気持ちがあるからでしょう。
ドアの枠をはずすときに、壁や床のタイルなどを壊してしまうので、そのついでに張替えをされる方が多く、家への来訪者をキレイな玄関でお迎えすることを望む人が多いようです。

狭く靴があふれた玄関をなんとかしたいのですが?

玄関を入って靴を脱いで並べるスペースが広くないのが原因でしょうから、単純には簡単な増築などをしてスペースを広げるのが一番です。ただ、玄関のホール自体が広さはあるが、ローカの部分が広すぎるといった家もあるので、適正な広さの確保を見直すのが重要です。
また、靴だけでなく玄関にはいろんな荷物を置いてしまうので、それらを整理する収納をつくることも大切です。まずは、各メーカーからでている玄関収納ユニットを確認して、家にあった収納のイメージをつくっておいて、具体的にプランニングして下さい。
傘、ゴルフバッグ、野球道具など、必要なものをキチンと片づけられる収納と、現在ある靴の数などを 考慮して、商品を選ぶのがベストでしょう。どうしてもなければ、簡単な戸棚を造り付けて、玄関の収 納量を増やすことが重要です。