姫路のリフォーム会社 モリシタ・アット・リフォーム トップ > 新築もしくは全面リフォームについてのよくある質問

新築もしくは全面リフォームについてのよくある質問

新築もしくは全面リフォームについてのよくある質問にお答えします。

建て替えとリフォーム、どちらにするか迷っています?

それぞれに事情があるでしょうから一概には言えませんが、建て替えとリフォーム、どちらをするのかは 家に対する価値観の違いが関係してきます。それぞれにメリット・デメリットはありますが、一番大きな 問題としては自分が使えるお金の中で、住宅に対していくら出せるのか?と言うことがあります。
一般論をいうと新築がいいという意見が多いですが、費用がどうしてもかさみます。自分の人生ではいろんな買い物がある中で、住宅に対してかけられる予算を決めるのは、その人の住宅に対する価値観なのです。
ほとんどの方がローンを組みますが、毎月の負担が多くても家にはこだわりを持ちたいのか、出来るだけ住宅の負担を減らし、そのほかのものに費用をかけたいのかは、個人の考え方によって変わるのです。

安全性を求めるなら新築でも、耐震補強をしたリフォームでもそんなには変わりません。最低限必要な家の要素は、どちらでも手に入れることがで来ますから、あとは、住環境の充実を求めるのか、新しいものを求めるのかによって決めることが出来ます。

なので、まずは、自分の人生において、家がどういう価値であってくれることを望んでいるかを理解する 必要があります。このあたりは専門家に意見を聞きながら理解をしていくしかないので、充分時間をとっ て相談されることをおススメします。



あわせて、リフォームと新築の違いを触れておきますので、参考にしてください。


(リフォーム)

やり方によっては住みながらのリフォームができるので、引越しや仮住まいの必要がありません。また、全てを新品にしないのでその分新築に比べて、低予算で新築同様の家になります。工事期間も新築の半分程度で終わるので、早めに住みたい方にはむいています。
ただ、リフォーム内容が今の家の構造や間取りによって制限が出てくるので、完全に違った家にするには無理があります。また、当たり前ですが耐久年数は新築に比べると短くなります。

(新築)

地盤のチェックができます。建物だけでなく地盤の補強も出来ます。また、基礎や構造材など全ての耐久性がアップします。現在風の外観や間取り、最新の考え方を取り入れることで、満足感は高いでしょう。
一番のデメリットとしてはリフォームより工事費用がかかるのと、工事代金以外にも費用がかかってしまうことです。(解体、廃棄費、引越し費用、仮住まいなど)それに、建築の法改正によって面積が小さくなった家しか建築できないといったこともあり得ます。