耐震リフォームをお考えの方へ

耐震リフォームまるわかり

リフォーム業界20年のベテランが、
本屋にも売ってない今まで誰も書かなかった
知って得する情報の一部をご紹介いたします。

このレポートを最後まで読まれるだけで、
さらには満足のいくリフォームを
完成させることができるはずです。

何よりも、「今スグやらないといけない」ことが
分かります。

気になる内容の一部はこちら↓

耐震補強工事とは?
  • 建物を自身の揺れから守るための壁の量(長さや強さ)を確保し、
    それらをバランスよく(東西南北均等に)配置すること。
  • 柱が土台から抜けないよう金物等で、しっかり固定(緊結)すること。
  • 建物の老朽化を補修し、まずは建物を健康な状態にすること。
  • 水平方向(床)の剛性を高めること。
補強工事

基礎のひび割れ補修
ひび割れで生じた隙間を補修専用の接着剤を注入し、繋ぎ合わせる。

基礎の補修
ひび割れの多発した基礎や無筋コンクリートの基礎を抱きかかえるように、
鉄筋入りの新しいコンクリートで基礎を増設、補強する。

壁の補強
新規で壁を増設したり、既存壁に構造用合板を張り付けて強度を向上させる。

柱のホゾ抜けによる建物の倒壊防止
外壁の表面から、柱と土台と基礎(コンクリート)を
金物(ホールダウン金物)で、しっかり固定する。

意味のない悪質工事

耐震補強工事は、何はともあれ「耐震診断」を実施してからでないと、
補強工事の内容が確定しません。
耐震診断を実施することもなく、いきなり飛び込み訪問をして、
工事の強要をする業者は、まったく信用できません。

正しい耐震補強工事には、決められた適切な「耐震診断」が不可欠であり、
この「耐震診断」は、「木造住宅の耐震診断と補強方法(財)日本建築防災協会」に基づき実施します。

リフォームにおける耐震補強

耐震診断を行わないような無計画な間取り変更(部屋の拡張)工事や、
耐震上大切な壁や柱を平気で取り去るような危険な
(耐震性を低下させるような)リフォームが行われているのも、大きな問題だと思います。

リフォームの際には、耐震診断を必ず実施することが望ましく、
リフォームと同時に、耐震診断の結果に基づく補強計画を立て、
建物の老朽化部分の改善、
耐震上重要な壁の「必要量の確保」や「バランスの是正」を行うことができれば、
安心して住まうことができる、「安全・快適」な住まいにリフォームすることができます。

耐震補強工事は、水廻りの改修や間取りの変更等のようなリフォーム工事と併せて行うと、
耐震補強工事に要するコストも割安になり、効率が良いといえます。

安心してリフォームを任せられることのできる業者とは?

「建設業」の登録、「建築士」がいる、「各種工事保険」に加入等は必須条件。

  • 建物そのものが、建て主が望む内容の工事ができるだけの体力を
    維持しているか否かの判断(住まいの健康診断による老朽化のチェック)
    ができる業者であること。
  • リフォーム後の建物が十分な耐震性能を確保できるかを
    配慮した空間提案ができる業者であること。

すなわち、「耐震診断」から話ができ、
それに基づく「耐震補強工事」が提案できる、
耐震について明るい業者であること。

さらに詳しく知りたい方は以下のボタンをクリックしていただき、
無料のプレゼントフォームから資料請求をしてください。


耐震リフォーム よくあるご質問

小冊子をご希望の方は以下のフォームからお申し込みください。

  • ダウンロード版はこちら
  • 郵送版はこちら
  • 下記に連絡先をご記入の上、お申し込み下さい!
    フリーダイヤル(0120-675-755)までご連絡いただても結構です。
    レポートを請求してくださった方にはメールマガジンをお届けします。

    ※姫路、加古川並びに近郊の方に限ります。
    また、同業者の方もお断りしております。ご了承ください。

    印の付いた項目は必須項目です。これらの項目が未記入ですと送信できません。

  • レポートの郵送をご希望の方は、下記フォームに必要事項をご入力いただき、お申し込みください。
    フリーダイヤル(0120-675-755)までご連絡いただても結構です。
    ※姫路、加古川並びに近郊の方に限ります。
    また、同業者の方もお断りしております。ご了承ください。

    印の付いた項目は必須項目です。これらの項目が未記入ですと送信できません。