リビング・内装リフォームをお考えの方へ

誰も教えてくれない内装リフォームのポイント

リフォーム業界20年のベテランが、
本屋にも売ってない今まで誰も書かなかった
知って得する情報の一部をご紹介いたします。

このレポートを最後まで読まれるだけで、
さらには満足のいくリフォームを
完成させることができるはずです。

何よりも、「今スグやらないといけない」ことが
分かります。

気になる内容の一部はこちら↓

まずは自分でできるクロスのお手入れ

クロスの汚れを落とす方法
まずはスポンジに水を含ませて、汚れ箇所を優しくこすってみてください。
落ちないようなら、中性洗剤を薄めたものでやってみましょう。
ベンジンやシンナー、または通販などで売られている
同系統の汚れ落としなどを使うのは、それからのことです。
ポイントはとにかく焦らないことです。

剥がれた箇所を修繕する方法
継ぎ目が剥がれてきたクロスは、乾燥して硬くなっています。
まずはこれを柔らかくしないといけません。
そこでスチームアイロンや、温めた布巾とドライヤーをあてるなどして、
剥がれた箇所を温めてください。
(ドライヤーを使用するときは、焦がさないように注意)。
クロスはビニールで出来ていますから、温めてやればしばらくするとしなってきます。
いい感じに柔らかくなってきたら、糊付けです。

糊は子供が工作に使うもので十分ですが、
できればこれに木工用ボンドを少しと、
水をほんの少々(霧吹きで何度か吹きかける程度)加えると良いでしょう。

それを剥がれた箇所に丁寧に塗り、皺にならないように注意しながら貼り付けます。
クロスが柔らかくなっていれば、ぴったりと壁にくっつくはずです。

間違っても、アロンアルファのような瞬間強力接着剤は使わないでくださいね。

業者に頼む前に知っておきたい基本知識
業者に頼む前に知っておきたい基本知識

当たり前のことですが、クロスを新しくするには、
古いクロスを壁から剥がす必要があります。
右図は壁面にある耐火ボードの断面図です。
石膏を固めた板を厚紙ではさんであるのがわかります。
クロスはこの上に糊で貼り付けてあるわけです。

古いクロスを剥がせば、どんなに上手にできたところで、
そこにはシールを剥がしたときのような跡が残ります。
新しいクロスは、この凸凹した下地の上に貼られることになるわけですが、
この状態のままで上貼りしたのでは、下地の跡が表面に出てしまいます。

そこで、この凸凹を平滑にするのに、パテという補修材を使います。
パテには水分が含まれているので、
塗ってしばらくすると下地に残ったクロスの裏紙がこの水分を吸収して膨らんでしまいます。
結局、パテを乾燥させては塗りを繰り返すことになるわけですが、
凸凹の状態があまりにひどいと、きれいに仕上げるのは難しくなります。

そういうことから言えば、クロスの貼り替えはそう何度もできるものではないのです。
できれば2回まで。
それ以上やられる場合は、下地ボード自体の交換も考えた方がいい場合もあります。

信頼できるクロス業者を見極める方法

クロスのリフォームを成功させるための業者選びのポイントをお教えします。
どんな工事であれ、そのリフォームが成功するかどうかは、
この業者選びで決まると言っても過言ではありません。
そこで「信頼できる業者を見極める"魔法の言葉"」を、ひとつお教えします。

魔法の言葉
「ジョイント(クロスの継ぎ目)はどのようにやりますか?」

そう訊ねてみてください。このとき、

「クロスガードテープか、自動糊付け機のスレッダーで両サイドを落とすので、つきつけでやりますよ」

という言葉が出てくれば、そこは丁寧な仕事をする業者だと判断できます。
いずれもクロスが、継ぎ目からめくれてくるのを起きにくくするための施工方法です。

合板フローリングは木にあらず

合板フローリングとは、ナラなど肌目の美しい木の表面を薄く切り取ったものを、
ベニヤ板を重ねて作ったボードの上に貼り付け、コーティングを施したものです。
ベニヤ板同士は糊で接着してありますから、木が本来もつ呼吸機能を妨げます。
その上、表面はコーティングで固めてあるので、木の持ち味が消えてしまいます。

傷がつきにくいフローリングにするには、
コーティングの強いフローリングを選べばよいだけのことです。
しかし、そうなればなるほど、フローリングは見た目ばかりが木の、
実は木とは呼べない建材になります。
当然、結露しやすくもなりますし、カビが生えやすく、ダニが発生しやすくなるのです。

合板フローリングは木にあらず

無垢材の効果

かつては無垢材といえば「高い!」という印象でしたが、
需要の高まりとともに手頃な価格のものも出てきています。

無垢材とは、自然の木をそのまま削って建材にしたものです。
つまり、木そのもの。
それぞれの木が持っている特性が失われることなく生きています。
「生きた建材」、とお考えいただくとわかりやすいかもしれません。

当然のこと、呼吸をしており、空気中の水分を吸ったり吐いたりしていますので、
調湿機能や断熱機能に大変優れています。
もちろん結露もしにくいです。

あと、多少ぶつけても、ある程度なら自然と元に戻ります。
さらに、中には何百年も腐らないものもあったりと、耐久性にも優れています。
自然素材なので体にも無害で、シックハウスなどの心配もありません。

さらに詳しく知りたい方は以下のボタンをクリックしていただき、
無料のプレゼントフォームから資料請求をしてください。


リビング・内装リフォームの施工事例

段差解消で移動もスムーズ!
費用:約180万円
工期:約1ヶ月
萩本 台所・居間・廊下の段差を解消し、バリアフリー仕様にリフォームしました。台所の段差も解消されてすっきり。
和室への移動もスムーズになりました!
暗かった部屋が見違えるように明るく! 姫路市 D様邸のLDK工事       
費用:150万円
工期:3週間
佐伯 築50年のご実家を工事しました。部屋の間取りも大きく変えて、22帖のLDKに改装しました。暗かった部屋が見違えるように明るくなりました。
使わなくなった床の間がクローゼットに変身! 姫路市 小川様邸       
費用:約14万円
工期:1日
小牧 使わなくなってしまった床の間を...思い切ってクローゼットに!!扉サイズは、オーダーメイド出来るので問題なし!内部に棚も付いてスッキリしました!

この他にもたくさんの施工例がございます。

リビング・内装のリフォーム よくあるご質問

小冊子をご希望の方は以下のフォームからお申し込みください。

  • ダウンロード版はこちら
  • 郵送版はこちら
  • 下記に連絡先をご記入の上、お申し込み下さい!
    フリーダイヤル(0120-675-755)までご連絡いただても結構です。
    レポートを請求してくださった方にはメールマガジンをお届けします。

    ※姫路、加古川並びに近郊の方に限ります。
    また、同業者の方もお断りしております。ご了承ください。

    印の付いた項目は必須項目です。これらの項目が未記入ですと送信できません。

  • レポートの郵送をご希望の方は、下記フォームに必要事項をご入力いただき、お申し込みください。
    フリーダイヤル(0120-675-755)までご連絡いただても結構です。
    ※姫路、加古川並びに近郊の方に限ります。
    また、同業者の方もお断りしております。ご了承ください。

    印の付いた項目は必須項目です。これらの項目が未記入ですと送信できません。

リフォーム 姫路 モリシタ・アット・リフォーム トップ - イベント情報 - リフォーム施工例集 - お客様の声 - スタッフ紹介 - 業者・職人紹介 - 無料レポート - 店舗案内 - リンク集